42度洗顔とは

今までの洗顔の常識を覆す42度洗顔とは一体どのようなものなのでしょうか。これまでの美容法の範疇では考えられなかった洗顔法が、様々な研究の結果編み出されたようです。これによってどのようなメリットがあるのか、詳しく知っていきましょう。

まず、HSP(ヒートショックプロテイン)について説明させていただきます。体の水分を除いた、ほぼ全ての構成をしているタンパク質。この中に熱ショックタンパク質ことHSPが存在します。このHSPの働きは、傷んだ細胞を元気な細胞に修復するというもので、今大きな注目を集めています。このHSPを増やす方法は低酸素や加圧など、体に少しのストレスをかけることです。その中でも、最も安全にHSPを増やす方法が「皮膚を温める」というやり方になります。

洗顔では、実際にどのように洗顔するのでしょうか。まず、メイクなどを落とした状態で、42度に設定したお湯で3分間顔を洗います。そして、42度のお湯に浸けていたタオルで2分間顔を温め、その後たっぷり保湿を行います。これで42度洗顔は完了です。1日に2回行なうのが効果的とされています

今まではぬるま湯で洗顔するというのが当たり前だったので、この洗顔法は衝撃的だと感じる人も多いかと思います。しかし、手軽に試せる美容法であるため、この先新しいトレンドになるかもしれません。

正しい洗顔とは

正しい洗顔とは一体どのように行なうのでしょうか。間違った洗顔をつづけていたら、いつまで経っても肌トラブルから抜け出すことは出来ません。洗顔についての知識を深めて、美肌美人を目指しましょう。

まず、洗顔料を使って朝も夜も念入りに顔を洗っている人は、今すぐその習慣を改める必要があります。ゴシゴシと力を入れて顔を洗うことで、乾燥を加速させる恐れがあります。洗顔料をよく泡立てて、撫でるように顔を洗ってください。敏感肌であったり乾燥肌であったりする場合は、洗顔料を使うペースを極端に落とすこともオススメします。2日〜3日くらい間をおいても問題ないです

化粧水また、乾燥が続いている肌にとって刺激は避ける必要があります。効き目が激しすぎる美容液や乳液、クリーム、もちろん化粧品についても刺激のないものをえらぶようにしてください。また、ピーリングのような肌に負担の強いものも避ける必要があります。肌が本来の力を取り戻すまで我慢しましょう。

乾燥した肌とは、いわば肌が弱っている状態といっても過言ではなく、刺激があるものが一番の大敵です。そのようなときには、とにかく肌にとって優しく負担の少ないものや行動をするように心がけましょう。

スキンケアのし過ぎはダメ

何故スキンケアのしすぎがよくないのでしょうか。もちろん、スキンケアをしていなければ、当然肌トラブルの原因になりますが、やりすぎも良い影響を与えません。

ストレスそもそも、肌の大敵という見方をされている皮脂と汗は、肌の表面を守る働きを持っています。いわば天然の美容クリームのようなもので、乾燥や雑菌といったトラブルの原因となるものを防いでくれます。しかし、ストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスの異常などにより皮脂が多くなりすぎると毛穴を塞ぎ、ニキビや毛穴の黒ずみなどといった肌トラブルに繋がる原因にもなってしまうのです。

なので、この皮脂や汗を適度に洗い流すことで肌を清潔に保つことは美肌を維持することができます。しかし、これらを洗いすぎるような洗顔をすることで必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。このため、洗顔のしすぎは本来肌の持っている天然のクリームを洗い流し、乾燥しやすい肌を作り出してしまうことになります。

肌を不潔な状態に保つことはもちろん良いことではありません。しかし、それを気にして洗顔をしすぎることによって、大切な肌のバリア機能を失ってしまうことになることを忘れないでください。適切な洗顔を心がけましょう。

スキンケアを正しく行なう

今や女性のみならず、男性までも悩ませる肌トラブル。どんなに気を付けても治らない肌の悩みに頭を抱えている人も多いのではないかと思います。しかし、その原因が普段心がけているスキンケアにあるとしたら、きっと衝撃的だと思います。

泡まず、やりすぎるスキンケアは肌にとって悪影響です。日常生活において汚れとして認識されがちな皮脂や汗は、体由来の天然クリームであると言えます。この働きのおかげで肌が乾燥から守られているのです。ですから、洗顔をしすぎることで皮脂を落としすぎてしまっては、この働きを失うことになり、これが肌トラブルに繋がります。ですから、洗顔のし過ぎは厳禁です。洗顔するときには優しく肌を労わるように心がけましょう。また、肌が乾燥しているときには刺激が強いものや行動や控えてください。化粧水や乳液も刺激がないものを選びましょう。洗顔といえば、今まったく新しい「42度洗顔」という洗顔法があります。これは、HSP(ヒートショックプロテイン)の働きを使ったもので、42度のお湯を使って洗顔を行なうというものです。3分間お湯で顔を洗ったあと、2分間タオルで顔を温めます。その後保湿を念入りに行えば完了です。この洗顔をすることによって、肌へのダメージが修復され、元気な細胞へと戻っていく効果があります。

思い込みや間違った知識で肌トラブルを拡大させてしまっている人にとって、この記事は大きな力になります。あなたの美肌の役に立つ記事を書かせて頂きました。是非最後までお付き合いください。