スキンケアのし過ぎはダメ

何故スキンケアのしすぎがよくないのでしょうか。もちろん、スキンケアをしていなければ、当然肌トラブルの原因になりますが、やりすぎも良い影響を与えません。

ストレスそもそも、肌の大敵という見方をされている皮脂と汗は、肌の表面を守る働きを持っています。いわば天然の美容クリームのようなもので、乾燥や雑菌といったトラブルの原因となるものを防いでくれます。しかし、ストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスの異常などにより皮脂が多くなりすぎると毛穴を塞ぎ、ニキビや毛穴の黒ずみなどといった肌トラブルに繋がる原因にもなってしまうのです。

なので、この皮脂や汗を適度に洗い流すことで肌を清潔に保つことは美肌を維持することができます。しかし、これらを洗いすぎるような洗顔をすることで必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。このため、洗顔のしすぎは本来肌の持っている天然のクリームを洗い流し、乾燥しやすい肌を作り出してしまうことになります。

肌を不潔な状態に保つことはもちろん良いことではありません。しかし、それを気にして洗顔をしすぎることによって、大切な肌のバリア機能を失ってしまうことになることを忘れないでください。適切な洗顔を心がけましょう。