42度洗顔とは

今までの洗顔の常識を覆す42度洗顔とは一体どのようなものなのでしょうか。これまでの美容法の範疇では考えられなかった洗顔法が、様々な研究の結果編み出されたようです。これによってどのようなメリットがあるのか、詳しく知っていきましょう。

まず、HSP(ヒートショックプロテイン)について説明させていただきます。体の水分を除いた、ほぼ全ての構成をしているタンパク質。この中に熱ショックタンパク質ことHSPが存在します。このHSPの働きは、傷んだ細胞を元気な細胞に修復するというもので、今大きな注目を集めています。このHSPを増やす方法は低酸素や加圧など、体に少しのストレスをかけることです。その中でも、最も安全にHSPを増やす方法が「皮膚を温める」というやり方になります。

洗顔では、実際にどのように洗顔するのでしょうか。まず、メイクなどを落とした状態で、42度に設定したお湯で3分間顔を洗います。そして、42度のお湯に浸けていたタオルで2分間顔を温め、その後たっぷり保湿を行います。これで42度洗顔は完了です。1日に2回行なうのが効果的とされています

今まではぬるま湯で洗顔するというのが当たり前だったので、この洗顔法は衝撃的だと感じる人も多いかと思います。しかし、手軽に試せる美容法であるため、この先新しいトレンドになるかもしれません。