スキンケアを正しく行なう

今や女性のみならず、男性までも悩ませる肌トラブル。どんなに気を付けても治らない肌の悩みに頭を抱えている人も多いのではないかと思います。しかし、その原因が普段心がけているスキンケアにあるとしたら、きっと衝撃的だと思います。

泡まず、やりすぎるスキンケアは肌にとって悪影響です。日常生活において汚れとして認識されがちな皮脂や汗は、体由来の天然クリームであると言えます。この働きのおかげで肌が乾燥から守られているのです。ですから、洗顔をしすぎることで皮脂を落としすぎてしまっては、この働きを失うことになり、これが肌トラブルに繋がります。ですから、洗顔のし過ぎは厳禁です。洗顔するときには優しく肌を労わるように心がけましょう。また、肌が乾燥しているときには刺激が強いものや行動や控えてください。化粧水や乳液も刺激がないものを選びましょう。洗顔といえば、今まったく新しい「42度洗顔」という洗顔法があります。これは、HSP(ヒートショックプロテイン)の働きを使ったもので、42度のお湯を使って洗顔を行なうというものです。3分間お湯で顔を洗ったあと、2分間タオルで顔を温めます。その後保湿を念入りに行えば完了です。この洗顔をすることによって、肌へのダメージが修復され、元気な細胞へと戻っていく効果があります。

思い込みや間違った知識で肌トラブルを拡大させてしまっている人にとって、この記事は大きな力になります。あなたの美肌の役に立つ記事を書かせて頂きました。是非最後までお付き合いください。